HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.231(平成15年1月)

小里川ダム試験湛水開始!

−中部地方整備局−

 平成14年12月16日,中部地方整備局が一級河川庄内川水系小里川の上流部,岐阜県瑞浪市及び恵那郡山岡町に建設を進めている小里川ダムで,試験湛水を開始しました。
 小里川ダムは,洪水調節,河川環境保全等のための流量の確保,発電を目的とした多目的ダムです。堤高114m,堤頂長331.3m,堤体積75万m3,総貯水容量1,510万m3の重力式コンクリートダムです。
 事業は,昭和54年度に実施計画調査を開始,昭和57年度には建設事業採択,平成5年2月に堤外仮排水路着工,平成6年3月に転流を行い同年7月から本体掘削を開始,平成8年8月に掘削を完了し9月にコンクリート打設を開始,平成13年10月にコンクリート打設を完了して,その後
放流警報設備などの管理設備の整備を進め,試験湛水を迎えました。
 湛水開始当日は,地元関係者,山岡町,瑞浪市,岐阜県,愛知県,中部電力及び工事関係者など約250名の出席のもと,試験湛水の無事完了と小里川ダムが末永く地域に貢献されることを祈念して,ダムサイト右岸に設けられた会場で湛水式を行いました。

 

ゲ−ト閉鎖スイッチ押下
 小里川ダム工事事務所長による式辞に続き,中部地方整備局長の挨拶,来賓の方々の祝辞,小里ゲート閉塞状況ダム全景川ダム工事事務所副所長による湛水宣言の後,関係者によるゲート降下スイッチの押下並びに地元幼稚園児らも参加しての久寿玉開披により,堤内仮排水路呑口に閉塞ゲートが無事降下し,試験湛水を開始すると出席者全員で万歳三唱を行い,湛水式を無事終了しました。
 試験湛水期間中は,ダム及び貯水池の安全確認を職員一丸となって実施し,平成年月から供用開始ができるよう努力してまいります。

(小里川ダム工事事務所)


ゲ−ト閉鎖状況
<<TOP  <BACK  NEXT>

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics