HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.238(平成15年8月)

琴川ダムコンクリート初打設

−山梨県−

 山梨県が一級河川富士川水系琴川に建設を進めている琴川ダムにおいて,平成15年7月1日に,県,工事関係者が出席して,本体コンクリートの初打設式が行なわれました。
 琴川ダムは,堤高64m,堤頂長262m,堤体積20.7万m3,総貯水容量515万m3の重力式コンクリートダムです。
 本ダムは,洪水調節,既得取水の安定化と河川環境の保全,水道用水の供給及び発電を目的とした多目的ダムです。
 ダムの位置する峡東地域は自然豊かな果樹地帯として発展していますが,山間地,盆地ということから洪水の危険と共に生活用水の不足にも悩まされており,ダムの早期完成が望まれています。
 本事業は,平成4年度に建設事業に採択され,平成7年度に補償協定を締結,平成9年度から工事用道路の建設に着手しました。平成12年度には笛吹川上流圏域河川整備計画を策定し,平成13年月にダム本体工事契約が締結されました。

 ダムコンクリート打設方法は,拡張レア工法を採用し,タワークレーン2基を用いて3年間で打設を完了する計画です。
 当日は,今にも降り出しそうな梅雨空のもと,紅白に飾られた6m3バケット.が21t吊りタワークレーンで堤体河床部に運ばれ,ダム事務所,企業体職員及び作業員の見守る中,無事初打設が行われました。
 これからダム工事の最盛期に臨むにあたり,ダム天端標高1,464mという多目的ダムとしては有数の高所に建設されることを踏まえ,無事故,無災害で平成20年3月の事業完成を迎えられることを目指し,地域に喜ばれる立派なダムとなるよう,職員一同最善を尽くしていきたいと考えています。

(広瀬・琴川ダム事務所)

 


コンクリート初打設


ダムサイト(左岸から右岸・上流をのぞむ)
<<TOP  <BACK  NEXT>

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics