HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.243(平成16年1月)

稲葉ダム転流式

−大分県−

 大分県が1級河川大野川水系稲葉川に建設を進めている稲葉ダムにおいて,このほど転流水路が完成し,去る平成15年11月10日に稲葉ダム安全衛生協議会主催により,地元代表者,県・市議会議員,行政機関,工事関係者が出席し転流式を行いました。

 当日はあいにく小雨がぱらつくなかでの式となりましたが,神事,式典が滞りなく行われ,最後に稲葉川の流れを切替え,万歳三唱のなか無事に終了することができました。また,切替えられた川に取り残された魚は網等により捕獲し,下流の河川に放流しました。

 稲葉ダムは堤高56.0m,堤頂長233.5m,堤体積22.3万m3,総貯水容量727万m3の重力式コンクリートダムで,洪水の調節,既得取水の安定化,河川環境の保全を目的とした治水ダムです。

 完成した転流水路は総延長が1,044m(うち,水路部816.5m,水路幅6.9〜7.5m,水路高3.0m,トンネル部227.5m,直径5.9m)で設計対象流量は2..m3/sです。

 転流によりダム本体工事も本格的に進められることから,よりいっそうの工事の安全と早期完成をめざし職員一同努力していく所存です。

(竹田ダム建設事務所)

 

万歳三唱

魚の放流

 

式典の模様・式辞

<<TOP  <BACK  NEXT>

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics