HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.244(平成16年2月)

大長見ダム竣工式

−島根県−

 島根県と浜田市が,二級河川周布川に建設を進めてきた大長見ダムの竣工式が,去る平成15年10月13日(体育の日)に盛大に執り行われました。

 最初に,セレモニーとして,ダム右岸のダム管理所前において国土交通大臣(代理:望月河川局治水課長)をはじめ,県選出国会議員,島根県知事(代理副知事),浜田市長及び弥栄村長,地権者,地元関係者,並びに工事関係者等約70名が列席し,記念植樹,記念碑除幕,くす玉開披の行事が行われました。記念植樹は紅葉湖(こうようこ)の名にちなみ「もみじ」が植えられました。

 あいにくの雨で記念碑が濡れたため除幕に力を要しましたが,くす玉が割られると華々しく煙火が鳴り響き,セレモニーを終了しました。その後,浜田市内に会場を移し,地権者及び施工業者等も加わり,約180名の出席者で,竣工式典を行いました。

 式典では,知事の式辞に続き共同事業者の宇津徹男浜田市長が今後は地域住民の生命財産が守られ,紅葉湖周辺は風光明媚な憩いの場になることと期待しておりますと式辞を述べられました。そして,事業経過報告の後,国土交通大臣をはじめ来賓の方々から御祝辞をいただきました。

 引き続き,地元市村主催により行われた祝賀会は三樽の鏡開きで始まり,和やかな雰囲気での祝宴となりました。祝賀会では,浜田市職員石見神楽同好会による石見神楽(題目:恵比寿) が上演され,この地方でしか見られない郷土芸能を出席者全員で堪能しました。

 大長見ダムは,島根県が建設した9番目の多目的ダムで,洪水調節,流水の正常な機能の維持,水道用水の確保を目的とする重力式コンクリートダムです。昭和57年に建設事業に着手して以来,21年の歳月をかけ完成しました。県内では最も堤頂長が長く,アーチダムのような曲線を持つ美しい形状のダムです。今後は,賑わいのある空間を創出し,地域の皆様に長く愛されるダムになることを願っています。

 最後に,国土交通省はじめ各関係機関の皆様からの多大なる御指導,御支援を賜り完成の運びとなりましたことに対し,心から厚くお礼申し上げます。

(浜田河川総合開発事務所)

 

宇津徹男浜田市長祝辞

もみじの植樹

祝賀会での石見神楽(題目:恵比寿)

<<TOP  <BACK

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics