HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.247(平成16年5月)

摺上川ダム試験湛水開始!

−東北地方整備局−

 去る平成16年2月19日,国土交通省東北地方整備局が阿武隈川水系摺上川に建設を進めている摺上川ダムにおいて,試験湛水が開始されました。

 摺上川ダムは,福島県福島市の西に位置する茂庭地区に建設中のダムで,洪水調節,流水の正常な機能の維持,水道用水,かんがい用水及び発電等を目的とした多目的ダムです。

 摺上川ダムは,集水面積,160km2、総貯水容量1億5,300万m3の中央コア型ロックフィルダムです。摺上川ダムの建設により,ダム地点の計画高水流量850m3/sを30m3/sに調節し,下流の洪水被害の軽減を図ります。さらに,水道用水として福島市を始めとする1市1町に新たに1日最大24.9万m3を供給し,また,既得及び新規のかんがい用水を6地区4,200haへ補給し,工業用水として福島県に1日最大1万m3を補給するとともに,新設される摺上川発電所により,東北電力株式会社が最大3,000KWの発電を行うものです。

 摺上川ダムの建設事業は,昭和48年度から予備調査に着手,昭和57年度から実施計画調査に入り,昭和60年4月に建設事業着手となりました。

 昭和61年10月には基本計画を定め,ダムの計画規模と事業内容を決定しました。平成2年7月には用地補償基準の妥結調印式を行い,平成6年12月からは本体建設工事に入り,平成14年7月には,ダム堤体の盛立完了し,このたび試験湛水を迎えました。

 当日は,地権者を始めとする地元関係者,福島県,福島市,福島地方水道用水供給企業団及び工事関係者等の出席により湛水式が行われました。

 ダム管理庁舎内に設けられた会場で関係者の見守る中,閉塞ゲート降下スイッチによる点灯を合図に下段仮排水路トンネルの閉塞ゲートが無事降下されると出席者全員で万歳三唱を行い,湛水式は終了し,無事試験湛水を開始いたしました。

 試験湛水期間中は,摺上川ダム工事事務所の全職員が一丸となって,24時間体制でダム及び貯水池の安全確認をして無事に供用開始できるよう努力してまいります。

(摺上川ダム工事事務所)

 

ゲート閉塞状況

ゲート閉塞直後の貯水池

ゲート閉塞押釦

<<TOP  <BACK  NEXT>

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics