HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.251(平成16年10月)

真締川生活貯水池本川転流式

−山口県−

 山口県第二の都市,宇部市の中心市街地を北から南に貫流する二級河川真締川に,平成14年12月から本体工事に着手している真締川生活貯水池の本川転流式が,平成16年7月28日に行われました。

 真締川生活貯水池は,真締川の治水と河川環境の保全を目的とした治水ダムであり,補助ダムとしては山口県初の均一型フィルダムとして建設しているものです。

 本ダムの特徴は,真締川本川と本川右岸の尾根を挟んで流れる支川戸石川の二つの堤体からなること,洪水吐きを中尾根部に設けることです。

 工事は,転流トンネルの建設及び支川部の施工を先行させ,平成16年4月20日に支川転流を行い,7月末には支川堤体掘削を完了させたところです。

 今回,本川の転流が行われたことにより,支川部の盛立開始や本川堤体掘削が進み,平成19年度末の完成に向けて,工事の進捗が一段と加速することとなります。

(宇部土木建築事務所)

 

本川から支川を経て転流トンネルへと結ぶ
水路において、御神酒によるお清め

<<TOP  <BACK  NEXT>

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics