HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.260(平成17年7月)

摺上川ダムサーチャージ水位に到達!

−東北地方整備局−

 阿武隈川水系摺上川(福島県福島市)で試験湛水中の摺上川ダムは,平成17年4月9日(土)に,ダム運用上の最高水位であるサーチャージ水位(EL306.5m)に到達しました。

 摺上川ダムは,集水面積160km2,総貯水容量1億5,300万m3の中央コア型ロックフィルダムです。摺上川ダムの建設により,ダム地点の計画高水流量850m3/s を30m3/sに調節し,下流の洪水被害の軽減を図ります。

 さらに,水道用水として福島市を始めとする1市11町に新たに1日最大24.9万m3を供給し,既得及び新規のかんがい用水を6地区4,200ha へ補給し,工業用水として福島県に1日最大10,000m3を補給するとともに,新設される摺上川発電所により,東北電力株式会社が最大3,000kW の発電を行うものです。

  試験湛水は,平成16年2月19日から開始され,湛水開始後,貯水池斜面の一部に変状が生じ,調査等で一時水位を維持することがありましたが,その後順調に水位上昇を続け,このたび,サーチャージ水位に達したものです。

 サーチャージ水位到達後は,24時間の水位維持の後,平成17年4月10日(日)には水位を低下させるための放流を開始しました。

 4月9日,10日には,大勢の見学客がダムを訪れ,非常用洪水吐きから越流する鮮やかな水しぶきに,周辺で見守る人々から歓声が沸きました。

 今後,摺上川ダムでは,本年6月中旬には最低水位(EL245.0m)までダムの水位を下げ,試験湛水を完了する予定です。

(摺上川ダム工事事務所)

 

摺上川ダム貯水池(上空から撮影)

晴天に恵まれ多くの人々がダムを訪れました

<<TOP  <BACK  NEXT>

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics