HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.263(平成17年10月)

忠別ダム親子見学会

〜水をためる前の最後の親子見学会〜

−北海道開発局−

 忠別ダムは、石狩川総合開発計画の一環として、洪水調節,流水の正常な機能の維持,かんがい用水の補給,水道用水の供給および発電を目的とする多目的ダムです。ダム型式は左岸側が重力式コンクリートダム,右岸側が中央コア型フィルダムからなる複合ダムです。

 忠別ダム親子見学会は,忠別ダム建設事業について地域の方々に,より一層の理解を深めていただくことを目的に平成11年より毎年開催しており,7回目の開催となる本年は,平成17年7月30日(土)に開催しました。

 忠別ダムは,平成18年春から試験湛水を開始する予定となっており,今回は水をためる前の最後の親子見学会となりました。当日は,水源地域である東川町,東神楽町,美瑛町および利水者である旭川市から全部で236名の参加がありました。

 今年は,忠別ダムインフォメーションセンター,取水塔・ダム堤頂部,モータープールおよび仮排水路の4箇所の見学を行いました。仮排水路は,今年度中には閉塞してしまう箇所であり,ダム下流面からダムの大きさや高さを実感できる場所ということもあり,参加者からは大きな歓声が上がっていました。

 モータープールではダム建設現場で使用している大型重機を展示しており,普通ではなかなか見られない46tダンプトラックなどに搭乗したり,間近に見学することができ,子供たちは非常に興味深く,楽しそうに見学していました。

 見学終了後には昼食をとり,その後,ストーンペイントや測量体験などのイベントも実施しました。参加者からは「楽しかった」,「夏休みの自由研究にします」など,大変嬉しい言葉もいただきました。

 

 この親子見学会を通して,地域の方々に忠別ダム建設事業について,自分で実際に体験しながら理解していただけたのではないかと感じています。

 忠別ダムは平成18年度の完成を予定していますが,今後も様々な形で忠別ダムについて地域の方々に情報を発信し,多くの方々に忠別ダムを理解していただけるように努力していきたいと考えています。

モータープールでの大型重機

河床材を用いたストーン

<<TOP  <BACK  NEXT>

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics