HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.268(平成18年3月)

平成17年度ダム技術研究発表会(全国大会)開催

−(財)ダム技術センター−

  平成17年度ダム技術研究発表会(全国大会)が,1月19日に東京都港区の機械振興会館において開催されました。本発表会は,ダム技術センター主催で,ダム建設や管理技術の進展及びダムに関する最新技術の情報交換を目的に,昭和59年度から毎年開催しており,今回で22回目を迎えることができました。当日は,31府県より70名を超える聴講者の参加がありました。

 発表会は,主催者を代表して入江洋樹ダム技術センター理事長の挨拶に続き,来賓として関克己国土交通省河川局治水課長よりご挨拶をいただいた後,論文発表に移り,終始熱のこもった発表や質疑応答が行われました。

 本年度は,9月上旬に岐阜県で東日本ブロック大会,10月中旬に高知県で西日本ブロック大会を開催し,2会場において合計17編の論文発表がありました。

 全国大会は,各ブロックで優秀賞に選ばれた8編の論文について発表があり,長瀧重義愛知工業大学教授を委員長とする審査員6名による厳正なる審査の結果,福島県土木部木戸ダム建設事務所 桶田隆司氏発表の「木戸ダムにおけるRCD工法1リフト厚1m 施工」が最優秀賞に選ばれました。その他の発表論文については別表に掲載しておりますので,参照してください。 

 論文発表後,寶馨京都大学防災研究所教授から「地球温暖化と水管理」と題した特別講演が行われ,聴講者は熱心に聞き入っていました。また,ダム技術センターが行った第13回海外研修(ダム技術者育成事業)の研修報告も行われました。

 ダム技術センターとしては,このような発表会等を通じ,国土交通省や関係機関及び各都道府県の皆様のご協力とご指導を得ながらダム技術の向上を図っていきたいと考えています。とりわけ,各都道府県の皆様方には,日頃の成果をこの研究発表会で数多く披露していただきたいと考えておりますので,今後ともよろしくお願いします。

発表風景

表彰風景

<<TOP  <BACK

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics