HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.273(平成18年8月)

第1回 胆沢ダム工事現場見学会

−東北地方整備局−

 胆沢ダム建設事業は,昨年の秋に「ダム堤体盛立」が開始され,いよいよ本格化となっていきます。そのような中で,地域住民の皆様をはじめ多くの方々に実際に工事現場を見学して頂き,胆沢ダム建設事業を一層理解して頂こうと,昨年度より回数を増やし,年5回の工事現場見学会を企画しております。

 平成18年5月27日(土)に,今年度最初となる第1回胆沢ダム工事現場見学会を行いました。今回の見学会は一般の方々及び小中学生の親子を対象とし,総勢170名の参加者により実施しました。

 当日は,良い天候にも恵まれ,開会式を行った後,参加者の方々は現場見学へと出発しました。見学場所は,「胆沢ダム展望台」・「ダム堤体」・「重機展示場」・「原石山」の4箇所を見学し,実際に稼働している工事現場の状況をご覧頂きました。中でも「原石山」での作業状況については好評で,普段間近で見ることのできない大型重機によるロック材の採取・運搬状況には多くの方々が驚いておりました。

 「重機展示場」においては,親子一緒に大型重機の前で写真を撮ったり,実際に大型重機に搭乗され,参加者の方々はとても楽しんでおりました。さらに,見学中には,「ダム工事の大きさにびっくりした」「間近での大型重機の迫力と大きさに驚いた」との声が多く上がっていました。

重機展示場にて

ダム堤体にて

原石山にて

 また,今年度から胆沢ダム学習館と胆沢ダム展望台に設置した「大型ダンプのタイヤ展示場」でも,タイヤの大きさに驚きの様子で,タイヤの前で写真を撮られる方もたくさんおりました。そして約2時間半の現場見学の後,胆沢ダム学習館において胆沢ダムに関する質疑応答を行い,閉会式をもって無事終了しました。  今回の見学会を通じて,「ダムの必要性や目的が理解できた」「自然環境への配慮を感じて感動した」との声も多く,胆沢ダムへ対する関心が高まった様です。今後も,地域住民の方々に胆沢ダム建設事業への理解を一層深めて頂くため,より充実した現場見学会を取り組んでいきたいと思います。

(胆沢ダム工事事務所)

<<TOP  <BACK  NEXT>

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics