HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.275(平成18年10月)

横川ダム湖底ウォーク

−北陸地方整備局−

 平成18年8月26日,北陸地方整備局が荒川水系の山形県小国町にて建設を進めている『横川ダム』建設に関連して,小国町,小国町教育委員会,横川ダム工事事務所の主催で『横川ダム湖底ウォーク』を行いました。

 横川ダムでは,今秋には2次転流,来年秋からは試験湛水が開始となり,橋等を撤去する作業が始まるため,旧仙野街道をダム付近からダム上流地域まで通れるのは,後わずかとなります。

 湖底ウォークは,湖の底となる旧仙野街道約4.5km をウォーキングしながら,旧集落や下叶水遺跡等を散策し,思い出を作ろうと開催しました。

 当日は,残暑厳しい夏空の下,小国町民の方を中心に,流域市町村,山形県内,新潟市などから総勢150名が湖底予定地の散策に参加しました。

 小国町助役の開会宣言によりダムサイト上流側を出発した隊列は,市野々集落跡で事業開始以前にお住まいの方より集落の説明や思い出話を聞いたり,下叶水遺跡で説明を聞くなど,ダム湖の上流側にあるゴールまで約2時間かけ,脱落者をだすことなくたどり着きました。

 ゴール後は,『水源の郷 交流館』へ会場を移して,地元団体に協力していただき,昼食をとったり,記念品をつくりました。

(横川ダム工事事務所)

旧宿場町説明

ウォーキング風景

下叶水遺跡説明

<<TOP  <BACK  NEXT>

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

 情報セキュリティポリシー |  問い合わせ |  サイトマップ |  リンク | 
一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics