HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.278(平成19年1月)

殿ダム袋川転流式

-中国地方整備局-

中国地方整備局が鳥取県東部の千代川水系袋川に建設を進めている殿ダムの本体工事へ向けて,昨年度末,完成した仮排水トンネルへ袋川の流れを切り替える袋川転流式が平成18年11月1日に挙行されました。

当日は好天に恵まれ,片山鳥取県知事をはじめ,甲村中国地方整備局長,地元選出国会議員(代理),県議会議員,竹内鳥取市長,地元関係者の方々など約70 名の皆様にご臨席を賜り盛大に執り行われました。

式は,金山殿ダム工事事務所長の式辞,甲村中国地方整備局長の挨拶,来賓の方々からの祝辞に続き,締切の儀(鋤入れ)の後,重機によって袋川を締切,川を仮排水トンネルへ転流させ,祝樽筏で流れを確認し,久寿玉開披とともに,来賓のご発声による万歳三唱で締めくくられました。

殿ダムは,洪水調節,河川環境の保全,水道用水の供給,工業用水の供給,発電を目的とした,堤高75m, 堤頂長294m, 堤体積約200万n3,総貯水容量1,240万m3の中国地方整備局管内直轄事業初のロックフィルダムです。

殿ダムは,平成3年度に建設事業に着手,平成9年度に損失補償基準の妥結,平成12年度から付替道路工事に着手して平成18年12月に一部暫定供用を行い,平成19年1月には本体発注を予定しています。

鍬入れ

久寿玉開披

祝樽筏

今後は,付替県道及び付替市道の全線供用に向けて工事を進めるとともに,ダム本体工事は平成19年4月に工事着手して来年度は本体基礎掘削を行い,平成20 年度以降は基礎処理,盛立て及び洪水吐きコンクリートの打設を進めて,平成23年度のダム完成を目指します。

(殿ダム工事事務所)

<<TOP  <BACK  NEXT>

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics