HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.287(平成19年10月)

第1回中部ダム技術検討会 開催

−中部地方整備局−

 平成19年8月29日(水)に第1回中部ダム技術検討会を開催しました。

 この検討会は,中部地方整備局が管轄するダム全般に係る調査・設計・施工・管理に関する様々な技術課題等について,国土技術政策総合研究所,土木研究所,中部地方整備局,管内ダム関係事務所の関係者が議論・情報交換を行い,効率的な事業執行及び職員の技術力向上を図ることを目的として設立したものです。

 午前の現地視察では,既設ダムの嵩上げを行う新丸山ダムの計画について説明を行い,その後,現在施工している付替道路の新旅足橋(橋長:462 m PC3径間連続箱桁ラーメン橋)を視察しました。

 午後の検討会では,第1回の開催ということもあり,既設ダムの再開発,恒久堆砂対策,レベル2地震動など様々な分野にわたる課題を持ち寄り,活発な意見交換が行われました。また,国総研・土研による課題に対するアドバイスの他,ダム技術の最近の動向についての情報提供などを行って頂きました。

今回の検討会は,中部地方整備局が抱える課題について参加者全員が情報を共有し,認識することで,課題解決の方策を得る一助になりました。さらに,今後のダム技術担う若手職員にとっては,技術力向上のための良い機会となり,大変有意義なものになりました。今後も,中部ダム技術検討会が,情報共有・技術指導・技術力の向上に資する場となるよう定期的に開催していく予定です。

(国土交通省中部地方整備局河川部)

 

新旅足橋の施工状況

現地視察の様子

検討会の様子

<<TOP  <BACK NEXT>

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics