HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.289(平成19年12月)

「平成19年度ダム事業担当者現地研修会」開催報告

〜土木研究所の参加により、さらなる技術力向上をめざして〜

−北海道開発局−

 北海道開発局では、管内の建設ダム(5ダム)及び管理ダム(15ダム)の技術者による「平成19年度ダム事業担当者現地研修会」を平成19年10月30〜31日の間、留萌ダムにおいて、89名の参加者により実施しました。

土木研究所 山口上席による技術講演

 今年度は、さらなる技術力向上をめざして、土木研究所からも参加を頂きました。

研修会は、「各ダム懸案事項についての意見交換」及び「ダム技術力の向上と研鑽」を目的として、毎年実施しております。

初日は、土木研究所水工研究グループダム構造チーム山口上席より、「ダムの耐震性能照査及び再開発事業の概要について」の講演を頂き、その後、各ダムの懸案事項についての意見交換を行いました。翌日は、完成間近な留萌ダムを見学し、ダム事業についての見識を深めたところです。

また、今後に向けて、各種課題はもとより、コスト縮減における低品質骨材を活用する中で凍結融解に対するダムコンクリートの品質確保などの、寒冷地における独自テーマについても検討する場として進めて行きたいと思っています。

(建設部 河川工事課)

<<TOP  <BACK NEXT>

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics