HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.292(平成20年4月)

浄土寺川ダム「試験湛水開始」

−福井県−

福井県が勝山市の一級河川九頭竜川水系浄土寺川に建設を進めている浄土寺川ダムにおいて、平成20年2月1日から試験湛水が始まりました。

浄土寺川ダムは、洪水調節、既得取水の安定化及び水道用水の確保と豪雪地帯の克雪用水を確保し、貯砂ダムを備えた、堤高72m、堤頂長233m、総体積27万m3の重力式コンクリートダムで総貯水容量216万m3を確保します。

本事業は平成元年に建設事業として採択され、平成4年度から建設事業に着手しています。

ダム本体工事は、平成12年12月に着手、平成18年10月に打設完了し、管理設備の整備も整ったことから、このたび試験湛水を迎えることができました。

当日は厳寒の中穏やかな曇り空となり、工事関係者が集うなか、堤内仮排水路に閉塞ゲートが降ろされ、試験湛水が開始されました。

今後も引き続き平成20年5月のダム本体工事の完成を目指し、全職員が一丸となって事業を進めていきたいと思っています。

(浄土寺川ダム建設事務所)


ゲート閉塞

<<TOP  <BACK

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics