HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.297(平成20年11月)

広神ダム「コンクリート最終打設」


−新潟県−

 新潟県が魚沼市小平尾の一級河川和田川に建設を進めている「広神ダム」では、平成20年8月8日、コンクリートの最終打設式が行われました。工事及び地元の関係者が見守る中、「打設開始」の掛け声とともにバケットから最後のコンクリートが投入され、万歳三唱で式典を終えました。

 「広神ダム」は、洪水調節、流水の正常な機能維持、発電を目的とした多目的ダムで、堤高80.5m、堤頂長225.0mの重力式コンクリートダムです。本体打設を平成16年6月より着手しましたが、その年7 月の梅雨前線豪雨や10月の新潟県中越大震災など立て続けに大きな災害を受け、工事の中断を余儀なくされました。

 しかし、その後工事を順調に進め、堤体積315.7千m3の打設を完了することができました。

現在は、打設完了後に着手した天端橋梁の架設も完了し、着実に工事を進めています。

 引き続き、取水設備や通信・電気設備・管理棟などの管理設備や周辺整備工事等を鋭意進めていきます。

(新潟県魚沼地域振興局地域整備部)

万歳三唱

堤体下流

堤体上流

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics