HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.313(平成22年3月)

津軽ダム左岸掘削完了式を開催

− 東北地方整備局 −

 国土交通省が、一級河川岩木川に津軽ダムの建設を進めている津軽ダム工事事務所では、12月16日に「津軽ダム左岸掘削完了式」を開催しました。津軽ダムの本体建設は、川を半分締め切って工事を行う「半川締切」を採用しています。このほど、締め切りした左岸部分の掘削が完了し、本格的なコンクリート打設が可能になったことから、左岸掘削完了式を開催したものです。

 当日は谷田広樹津軽ダム工事事務所長の式辞、来賓の関和典西目屋村長の祝辞に続いて、代表者による通水ゲートの除幕式が行われました。掘削完了にあたり、施工業者の「間・西松特定建設工事共同企業体」からアトラクションとして「ねぷた御輿」が披露され、式典を盛り上げました。最後に西目屋村村議会の前山秋雄議長が万歳三唱して、約60名の参加者と共に左岸部分の掘削完了を祝いました。

 津軽ダム建設事業は青森県やダム立地村である西目屋村などの関係機関のご理解とご協力により、順調に進んでいるところです。また、工事現場に近接する西目屋村居森平地区の皆様には、夜間工事の実施にあたり、特段のご配慮を頂いたこともあり、積雪前に左岸掘削を完了することができました。

 ダム建設に使用されるコンクリートの製造プラントはすでに完成しており、順調に進むと、平成22年の6月頃からコンクリートの打設を行う予定です。津軽ダム工事事務所では、今後も「安全施工」を第一に、平成28年度の完成を目指していきたいと考えております。

(国土交通省東北地方整備局
津軽ダム工事事務所)

谷田津軽ダム工事事務所長による式辞

関西目屋村村長による祝辞

西目屋村村議会前山議長による万歳三唱

出席者による万歳三唱

ねぷた御輿

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics