HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.318(平成22年8月)

津軽ダム工事現場見学会

− 東北地方整備局 −

 国土交通省が、一級河川岩木川に建設を進めている津軽ダムでは、今年度からダム本体コンクリート打設が本格化するなど、本体建設工事を確実に推進していくことになります。そこで、津軽ダム建設事業について地域の方々に、より一層の理解を深めていただくことを目的に個人を対象とした現場見学会を平成22年6月19日(土)に開催しました。

 見学会には、地元西目屋村、弘前市および青森市からも申し込みがあり最終的には148名が参加のもと実施されました。東北北部も梅雨入りし心配された天気でしたが、午前は汗ばむような好天に恵まれ、午後も一時にわか雨はありましたが見学に支障はなく予定どおり日程を終えました。

 参加者は2台のバスに分乗し、コンクリート打設状況、基礎掘削状況の見学、コンクリートの材料となる骨材とセメントの説明、濁水処理の実験を体験しました。また、工事現場で稼働する大型ダンプ(46トン)の見学では参加した児童達が運転席に座ることができたため、非常に興味深く興奮気味に見学していました。

 参加者へのアンケート調査の結果でも、大変良かった、良かったの回答が100%であり、また参加したいとの声も多かったことから、見学会の目的は充分果たせたものと思います。

(国土交通省東北地方整備局
津軽ダム工事事務所

大型ダンプへの体験乗車の順番を待つ児童達

コンクリート骨材・セメントについて説明

コンクリートを運ぶケーブルクレーンについて説明

濁水処理実験を真剣な表情で見つめる参加

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics