HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.319(平成22年9月)

津軽ダム建設工事等「安全大会」を開催しました

− 東北地方整備局 −

 平成22年7月21日(水)全国労働安全週間にあわせて「平成22年度津軽ダム建設工事等安全大会」が青森県中津軽郡西目屋村の西目屋中央公民館において開催されました。大会には国土交通省が、一級河川岩木川に建設を進めている津軽ダム本体工事をはじめ関連工事を受注している13社から368名の作業員など、発注者側からは津軽ダム工事事務所長ほかが出席しました。

 大会では、はじめに津軽ダム工事事務所事故防止対策委員会委員長の谷田津軽ダム工事事務所長から「津軽ダムから事故をなくしたい」とのあいさつがあり、津軽ダム建設工事等事故防止対策協議会会長の津軽ダム本体工事JV志賀所長から「十分な安全確認を行い工事を進めていきたい」とのあいさつがありました。

 続いて来賓の弘前労働基準監督署の小沢署長から「労働災害に遭わないために気をつけること」、弘前警察署の須藤交通官から「交通事故のない明日のために」と題して工事安全と交通安全について、事故事例を教訓とした安全対策について講話をいただきました。

 また、津軽ダム県道付替川原平橋下部工工事の工藤現場代理人が「安全の誓い」を読み上げ工事の安全を誓いました。最後は津軽ダム建設工事等各工区現場代理人の代表として、津軽ダム工事用道路村市地区構造物工事の佐藤現場代理人が音頭を取り、参加者全員で安全作業に向けて「がんばろう!」とシュプレヒコールを行い、安全意識の高揚を図り大会を終了しました。

(国土交通省東北地方整備局
津軽ダム工事事務所)

会場を埋め尽くした参加者1

会場を埋め尽くした参加者2

「安全の誓い」を読み上げる工藤現場代理人

参加者全員で「エイ・エイ・オー」

参加者全員で「エイ・エイ・オー」とシュプレヒコール

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics