HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.328(平成23年6月)

本体工事の安全祈願
〜今年度のコンクリート打設開始を前に工事の安全を祈願しました〜

− 東北地方整備局−

 国土交通省が一級河川岩木川に建設を進める津軽ダム本体建設現場において、5月19日(木)間・西松特定建設工事共同企業体が今年度のコンクリート打設作業を開始するにあたり、工事の安全を祈願するためダムサイトにおいて安全祈願祭を執り行い、津軽ダム工事事務所長、西目屋村長、JV所長が玉串を奉納しました。神事当日は、風はやや強かったもののさわやかな好天に恵まれ、作業開始には絶好の日和となりました。

今年度工事は3月に発生した東日本大震災の影響により、コンクリートの材料となるセメントを納入していた大船渡の工場が被災したため、コンクリートの打設が遅れていましたが、このたび新潟の工場から納入されることになりコンクリート打設が可能となったものです。

 今年度より右岸側河床部のコンクリート打設を開始し、秋頃から左右岸にてコンクリート打設(RCD)を全面展開する予定です。

 今年度は206,700m3のコンクリート打設を予定しており、23年度終了時予定では39.2%の進捗となります。(281,200m3/717,000m3)

(東北地方整備局 津軽ダム工事事務所)

 詳しくは、津軽ダム工事事務所ホームページをご覧ください。

ホームページアドレス http://www.thr.mlit.go.jp/tugaru

降神(こうしん)の儀

切麻散米(きりぬさんまい)

玉串奉奠(たまぐしほうてん)
谷田 事務所長

玉串奉奠(たまぐしほうてん)
関 西目屋村長

玉串奉奠(たまぐしほうてん)
志賀 JV所長

現在の状況:(打設量74,500m3)
左岸側は約12.5m 立ち上がっています。

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics