HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.344(平成24年10月)

津軽ダム夜間の工事現場見学会を開催

− 東北地方整備局 −
 国土交通省が一級河川岩木川に建設を進めている津軽ダムでは、毎年6月と10月の2回、個人を対象とした現場見学会を開催してきました。また、昨年は見学会参加者からの要望が多かった夜間の現場見学会を初めて開催したところ、募集開始と同時に多数の申し込みがあり、ご希望に添えない方もたくさんおりました。参加者のアンケート結果でも「感動した」「もっと沢山の人に見てもらいたい」「来年もぜひ実施して」などの意見がほとんどでしたので、このような状況を踏まえて今年は2回実施することで計画し、8月9日(木)と28日(火)に両日合わせて76名参加の下開催されました。参加者の内訳を見ると津軽地域を中心に10市町村から参加しており、最も遠くからの参加者は福岡県の親子でした。

 参加者は、初めに津軽ダム展望所から照明に照らされた本体工事現場を堪能したほか、直上流にある目屋ダム天端からより間近で夜間作業の様子を見学しました。

最後は、モータープール(建設機械整備場)に移動し、原石運搬に使用する重ダンプ(46トン)の運転席に座ってみたり、コンクリートの材料として使用する骨材に記念のメッセージを書き込むなどして楽しみました。メッセージを書き込んでいただいた骨材については、8月29日(水)に作業員の手によって津軽ダム堤体に埋設されました。

(東北地方整備局 津軽ダム工事事務所)

津軽ダム展望所
目屋ダム天端
埋設された骨材
重ダンプ(46トン)
骨材にメッセージを書き込む親子
津軽ダム展望所からの眺望

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics