HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.345(平成24年11月)

津軽ダム・ダム工学会東北地区が現場研修を実施

− 東北地方整備局 −
 国土交通省が一級河川岩木川に建設を進めている津軽ダムで10月3日(水)ダム工学会東北地区の現場研修会が行われました。

 同会では各地区毎において現場見学会や技術検討会を行うことで地方在住の学・官・民の交流による情報交換やダム工学の活性化に努めているそうです。

 津軽ダムでの研修会には東北各地から44名が参加。仙台市出発のグループは朝7時30分に仙台駅を出発。13時から約2時間ダム工事現場を見学しその足で仙台にとんぼ返りの強行軍です。

 参加された皆さんは長時間バスに揺られた疲れも見せず、早速最初の目的地である展望所で眼下にコンクリート打設が進む堤体を見ながら工事課長からの概要説明を受け、今研修の一番の目的である東北では初の採用となる巡航RCD工法による打設を行う堤体上に移動しました。当日は作業工程の関係から残念ながら実際に打設している様子を見ていただくことはできませんでしたが、参加された皆さんは時間を惜しむように熱心に質問していました。

 その後、原石山に移動して原石採取・運搬状況を見学し研修会を終了しました。参加された皆様お疲れ様でした。

(東北地方整備局 津軽ダム工事事務所)

津軽ダム展望所
本体JV所長から施工状況説明
原石採取・運搬状況
原石採取状況を見学する参加者
津軽ダム堤体上で記念写真(後ろは目屋ダム)

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics