HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.347(平成25年1月)

津軽ダム・地元工業高校生が工事現場を見学

− 東北地方整備局−
 国土交通省が一級河川岩木川に建設を進めている津軽ダムの本体建設工事現場、付替道路の橋梁建設現場を平成24年11月15日(木)地元弘前工業高校土木科1年生の皆さんが、社会基盤整備や土木施工を学ぶための一環として見学に訪れました。

 当日は同校出身の事務所職員も同行し、現場説明と併せ土木技術者としての心構えなどについても熱く語りました。まずは展望所からコンクリート打設工法(巡航RCD工法)について説明。生徒からはいろいろと質問が出され先輩職員もうれしそうに答えていました。

 次に見学したのはダム工事現場で原石運搬車として活躍する重ダンプ(46トン)です。ここでは生徒よりも先生の方が興奮していたようで、生徒より先に運転席に乗り込んでいました。

 最後は砂子瀬橋上部工工事現場です。ここではエレベーターで上部に上がり供用後は歩くことができない場所を歩きながら現場担当者からの説明を受けました。

 見学会の最後には同行した先輩職員から生徒に対してエールが送られ、生徒らも大きな声で応えていました。この経験が生徒達の将来に少しでも役立ってくれることを期待しています。

 津軽ダムでは、今後とも地域の学校からの要望があれば、できる限り工事現場を案内し、実際に動いている現場を見て、体験していただきたいと思っています。

(東北地方整備局 津軽ダム工事事務所)

展望所で説明を聴く生徒
疑問点を質問する生徒
重ダンプを見学する生徒
砂子瀬橋上部工を見学する生徒
砂子瀬橋の下で記念撮影
先輩職員(右)から後輩に熱いエール

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics