HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.349(平成25年3月)

津軽ダム・事故防協議会が除雪奉仕

− 東北地方整備局 −

 国土交通省が一級河川岩木川に建設を進めている津軽ダム建設工事等の請負者及び受注者で構成される『津軽ダム建設工事等事故防止対策協議会』(以下「協議会」という)では、工事施工及び業務の遂行にあたり常日頃からご理解・ご協力をいただいている地元の皆様への地域貢献の一環として毎年行っている高齢者一人暮らし等世帯の除雪作業を西目屋村からの依頼に基づき今冬も実施しました。

 この除雪奉仕は同協議会が約5年前から実施しているもので、村が行っている除雪困難者を対象とした除雪サービスを手伝う形で行われています。今冬も昨冬に引き続き大雪となっており、同村では1月18日付けで豪雪対策本部が設置されていますが2月に入っても降雪が続いており積雪深は一時170cmにも達しました。

 こうした中、青森県内各地では除雪作業に関連する高齢者の事故も多数報告されており、除雪できない高齢者は不安な日々を過ごしていたものと思いますが、協議会の皆さんの協力により屋根の雪や家の周りの雪がきれいに片付けられると、安心した様子で「ありがとう」と感謝していました。

 今冬、同協議会では村から依頼のあった30件近くの除雪を加盟各社が分担して実施しました。作業にあたった協議会の皆さん本当にお疲れ様でした。

(東北地方整備局 津軽ダム工事事務所)

作業開始前
作業中
作業完了後
◇ 除雪作業の様子

 この日の作業が完了した時には辺りは既に薄暗くなっていました。

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics