HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.350(平成25年4月)

簗川ダム付替道路「簗川道路」開通式

− 岩手県 −

 岩手県が一級河川北上川水系簗川に建設を進めている簗川ダムにおいて、平成25年3月10日(日)に簗川ダムの付替道路「簗川道路」の開通式が執り行われました。

 今回開通した付替道路「簗川道路」は、県都盛岡市と沿岸地域を結ぶ一般国道106号の付替道路であり、簗川ダムの付替道路としての役割のみならず、東日本大震災津波に伴う「復興道路」の役割も担っております。

 このため、東日本大震災以降は、被災した沿岸地域の一日も早い復興を支援するため急ピッチで工事が進められ、東日本大震災発災から2年を前に今回の開通にこぎ着け、県の復興道路「宮古盛岡横断道路」で初めての開通区間となりました。

 当日は、太田昭宏国土交通大臣、坂井学国土交通大臣政務官、階猛衆議院議員、鈴木俊一衆議院議員、畑浩治衆議院議員、高橋ひなこ衆議院議員、藤原崇衆議院議員、主濱了参議院議員、谷藤裕明盛岡市長、山本 正徳宮古市長をはじめ、岩手県議会議員、地権者、地元関係者、行政関係者、及び工事関係者を含め約100名の出席のもと、付替道路「簗川道路」の開通を祝いました。

 平成9年度に付替道路の工事に着手して以降、16年の歳月をかけて今回の開通を迎えたものですが、今回の開通は、簗川ダム建設事業の推進に留まらず、東日本大震災津波からの復興に大きな弾みとなるものと考えております。

 今後は、一日も早いダムの効果を図るため、平成27年度のダム本体工事の着手に向け、なお一層、整備推進に取り組んでいく所存です。

(岩手県 簗川ダム建設事務所)

太田昭宏国土交通大臣 祝辞
岩手県知事 式辞
パレードの様子

付替道路「簗川道路」開通式

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics