HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

ダムニュースNo.350(平成25年4月)

津軽ダム・地元の祭り『乳穂ヶ滝氷祭』とタイアップ
官民一体で雪のすべり台&かまくら作り隊結成!!

− 東北地方整備局 −
 国土交通省が一級河川岩木川に建設を進めている津軽ダムでは、地元西目屋村で2月17日(日)に開催される『乳穂ヶ滝氷祭』を盛り上げようと、西目屋村、事務所職員、津軽ダム関連工事受注者の官民が一体となり"雪のすべり台&かまくら作り隊"を結成。2月12日に団結式が行われ作業を開始しました。

 これは、西目屋村と津軽ダム工事事務所が取り組む地域活性化メニューの社会実験の一環として企画されたものですが、津軽ダム関連工事を受注する作業員の皆さんからも、地元のお祭を盛り上げるために参加したいとの申し出があり、官民一体での取り組みが実現しました。

 乳穂ヶ滝氷祭は、津軽地域の豊凶占いが行われるほか、無病息災や家内安全を祈願するため県内各地からたくさんの方が訪れる西目屋村で冬に行われる一大イベントとなっていますが、これまでは、神事を参拝する大人が中心に集まるお祭りとなっていました。そこで、このお祭りをもっとたくさんの人が集まる大きなお祭りにしようと、親子連れにターゲットを絞りお子さんに楽しんでもらえる"かまくら"や"雪のすべり台"を制作。加えてライトアップされる乳穂ヶ滝会場付近の歩道をろうそくの明かりで灯すアイスキャンドルも制作して祭りに花を添えました。当日はたくさんの子ども連れ家族が訪れ、歓声を上げて楽しんでいましたが、すべり台については大人にも相当喜んでもらえていましたので、集客の面での期待度は大です。また、この様子は地元のテレビニュースでも放映されました。

 初めての企画でしたが、今回の反省点を踏まえて来年以降も皆さんの協力を得ながら村とともに引き続き取り組んでいきたいと考えています。

(東北地方整備局 津軽ダム工事事務所)

【団結式で気勢を上げる参加者】

【初級者用長大(97.2m)すべり台
津軽ダム堤体高と同じ長さ】
【大型かまくら】

【上級者用すべり台
最大斜度40度】
【すべり台会場に集まった大勢の人】

【上級者用すべり台
岩木川に向かって滑り降ります】
【初級者用すべり台
小さなお子さんも安全に滑れます】
【アイスキャンドル
新ダム湖名(津軽白神湖)をPR】
【歩道に並べられたアイスキャンドル】

  WEB CONTENTS

  出版図書


  ダム技術目次検索


  ダムニュース

一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics