HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

 
ダムニュースNo.384(平成28年6月)

五ケ山ダム〜福岡都市圏を「守る」「潤す」三連DAMの末っ子ダム〜

−福岡県−

 福岡県では、平成27年3月より本県が管理する治水ダムにおいて、ダムの役割や効果のことをより知っていただこうと、「ダムカード」を配布しています。

五ケ山ダム(建設中)は福岡都市圏を流れる那珂川水系那珂川(二級河川)の上流に建設中ですが、福岡市内から1時間程度ということもあり、昨年度だけでも2850名を超える見学者が訪れています。

そのため、建設中のダムについて、より知っていただくことを目的として「ダムカード」を作成し広く配布していましたが、おかげさまでVer1.0については予定枚数の配布が完了しました。 引き続き当ダムのことを知っていただこうとVer1.1を作成し配布することにしました。

当ダムの特徴としては、通常利水容量に加え、昭和53年の福岡大渇水(給水制限287日間)をベースとした渇水対策容量を有しています。

F:Flood Control /洪水調整
N:Normal Function of the River Water /河川の正常な流量の維持
W:Water Supply /上水道
U:Unusual Drought /渇水対策容量

また、完成後は本県が管理するダムとしては、堤高、堤頂長、総貯水容量は最大となります。

Ver1.0では、県営ダムでは全国初となる巡航RCD工法を採用し昼夜途切れることのない高速施工の実現を少しでも感じていただけるよう夜間施工の写真を採用しました。 今回配布を開始するVer1.1では、全国でも珍しい那珂川の上流約7kmの区間に脊振、五ケ山、南畑の3ダムが位置することを感じていただけるよう3ダム全景の航空写真を採用しています。

平成28年1月には堤体コンクリートの最終打設も終わり、建設作業は大詰めを迎えていますが、自然豊かな当地域を訪れた際には五ケ山ダムまで足を運んでいただき、ダムへの理解を深めていただけるよう「ダムカード」を配布しています。

(参考情報)
配布場所 ・五ケ山ダム堤体建設JV工事事務所 ・道の駅「吉野ヶ里」 福岡県ホームページ
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/gokayama-damcard.html

(福岡県五ケ山ダム建設事務所)

表面1
表面2
裏面
<<TOP   BACK      
一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics