HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

 
ダムニュースNo.385(平成28年9月)

横手市増田で「わくわくお天気教室」を開催

−東北地方整備局−

平成28年7月28日(木)秋田県横手市増田において、雄物川上流に位置する横手市・湯沢市と支川成瀬川に成瀬ダムが建設される東成瀬村の小学生児童が交流するイベントとして、「わくわくお天気教室」を開催しました。
雄物川の支川である成瀬川では、国土交通省が成瀬ダムの建設を進めています。
上流の東成瀬村はダムの水源地域であり、下流の横手市・湯沢市は、治水や水道用水の恩恵を受ける受益地です。お天気教室はダム上下流の地域間交流の一環として企画され、今回で2回目の開催となります。
お天気教室では、雨が降る仕組みや大雨の怖さ、洪水を防ぐためにダムが果たす役割を、テレビでお馴染みの気象予報士菊池真以さんが実験なども交えて、楽しく児童に教えていました。 実験では、ペットボトルを使って雲を作ったり、工作では、綿を画用紙に貼って雲の図鑑を作ったりして、天気に関する知識を楽しみながら深めていました。
お天気教室終了後、成瀬ダムの工事現場を見学し、ダムの高さを表示した看板を見て、その大きさに驚いていたり、普段滅多に見ることができない仮排水トンネル内を、懐中電灯を照らしながら歩いたり、子供たちにとっては大変有意義な1日となりました。


(東北地方整備局 成瀬ダム工事事務所)



仮排水路トンネルのみ口前にて
お天気教室の学習状況
菊池予報士のアドバイスを受ける児童
ダム現場の説明を聞く児童
一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics