HOMEへ
 HOME > 図書出版・データ集 > ダムニュース

 
<
ダムニュースNo.385(平成28年9月)

園児によるダム見学会を行いました。

−山口県−

山口県柳井市内に位置する黒杭川ダムは、下流域の市街地の治水対策及び田園地帯への用水の確保を目的に、昭和45年3月に、ゲート付(クレストゲート2門、コンジットゲート1門)ダムとして完成し、同年4月から、運用を開始しました。
その後、計画規模以上の豪雨・洪水が発生する一方で、深刻な水不足にも苦慮したため、治水対策の強化、農業用水の安定及び河川環境の保全を目的として、約800m上流に、ゲートレスダムを設置の上、平成24年4月から、2つのダムを統合して、運用しております。
平成24年度以降は、毎年の「森と湖に親しむ旬間(7/21〜7/31)」において、上流ダムを会場に「ダム見学会」を行っており、期間外も、近隣の小学校から、多数の見学者があります。
今年7月14日には、近隣の保育園の園児約50名が、見学に訪れました。まず、ダムの役割として、国土交通省東北地方整備局北上川ダム統合管理所のHPにある「ダムの絵本”ダムくんと森のおともだち”」を紙芝居形式で、読み聞かせました。また、操作用PCを触って楽しむ男の子や、フェンス越しに「ダムくん、私たちを守ってね!」とお願いする女の子が目立ち、可愛く、賑やかなひとときが、過ぎていきました。
安全確保のため、監査廊(高低差約50m)を昇降しない短い見学となりましたが、小学生になった次回は、是非、監査廊を歩き、連続サイフォン式取水設備(山口県で初めて採用)に触れて、隅々まで、上流ダムを学んでくれることを祈念します。
この見学会以降、”ダムの絵本”に注目して、2週間後の柳井市職員による見学の際、上記HP内の「ダムの絵本”教えてダムくん!!(ダムの中編)”」を紹介し、好評でした。また、近隣の中山川ダム(岩国市周東町)に、この絵本を紹介したところ、子ども連れが多かった土・日曜に、「ダムの絵本”ダムくんと森のおともだち”」が活躍したという報告を受けました。
今年の秋以降、黒杭川上流ダムにおいて、小学生によるダム見学を予定しており、ダムの絵本を活用した、楽しく有意義な見学会を心掛けたいと考えております。

(山口県柳井土木建築事務所ダム管理課)


7/14 ダムの絵本の読み聞かせ
7/14 ダムくん、私たちを守ってね。
7/14 ダムくんとにらめっこ
(操作用PC前)

連続サイフォン式取水設備
(山口県で初めて)

7/28 柳井市職員にダムの絵本を紹介
7/30 中山川ダムでの読み聞かせ
一般財団法人ダム技術センター 東京都台東区池之端2-9-7 池之端日殖ビル2F
Copyright(C) National Institute of Informatics