本文へ移動

既刊出版図書案内

ダム用PSアンカー設計施工マニュアル(令和3年9月発行)

ダム用PSアンカー設計施工マニュアル(令和3年9月発行)

販売価格3,300円(税込)
 図書注文へ
販売価格:3,300円(税込・送別)
サイズ:B5判

※10月下旬より順次発送を開始します。(令和3年10月時点)
第1章 適用
第2章 用語
第3章 材料
第4章 腐食
第5章 設計
第6章 施工
第7章 荷重試験
第8章 管理
参考資料

1990年頃から欧米豪では、ダムの堤体や基礎岩盤の補強のために工期や工費の面で優れるPSアンカー工法が数多く採用され、その実績を背景に防食、削孔、計測等の設計・施工技術は格段の進歩を達成し、技術基準類の整備や改訂も進められてきました。一方わが国では、斜面安定や法面保持を主目的とするグラウンドアンカーや建築地盤アンカーが主流であり、地盤の堅さ、耐用年数、アンカー配置、緊張力管理等の面で基本的に大きく相異しています。そこで海外技術成果に着目し、国内ダムへの適用を目指して2010年に「アンカー工法におけるダム堤体の補強工法に関する研究」(ダム技術センター発行)がまとめられました。当成果は、川俣ダムの岩盤PS工更新や千本ダムの堤体耐震補強に活用され、現在はダム用PSアンカーに関する設計、施工の資料および試験・計測データが多く蓄積された状況にあります。今後についても、国内におけるダム再生・再開発事業の拡がりとともに、ダム用PSアンカーの「必要な補強が局所的に可能、貯水位低下が必要ない、嵩上げに対応容易」等の工期、工費だけでない優れた特徴が注目されており、ダムへの採用数は大きく増えるものと予想されます。上記を背景に、今回刊行の「ダム用PSアンカー設計施工マニュアル」は編纂され、適用範囲をダム堤体と基礎岩盤に絞った上で、設計、施工、管理の全般に亘って記述されています。
2022年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
↑一般社団法人ダム工学会HP
TOPへ戻る